寝取られ 僕の妻は他の男にカラダを許した 星野ひびき

僕の知らない妻の顔…最愛の妻の心と身体が徐々に間男に傾いていく絶望の物語。
うちの妻にかぎって…僕の妻は他の男にカラダを許した11



僕の知らない妻の顔…最愛の妻の心と身体が徐々に間男に傾いていく絶望の物語。
「今日もやっぱり具合が悪そう…」妻はウチで飼っている金魚を泣き出しそうな顔で心配そうに見ている。縁日で取った金魚をとても大切に育てている妻の献身的な優しさは、僕が結婚を決めた理由の一つでもあった。うちの妻にかぎって、僕を裏切る筈はない。でも、もしかしたら…。間男の妻への執拗な甘い囁き、さりげないボディタッチの連続に怒りと嫉妬、悔しさで僕は気が狂いそうになる。そして妻は…。